ちょっと一息いけるぅよ

ちょっと一息いけるぅよ

海外で学校生活を送ってます。面白いなって思ったこととか役にたちそうことを定期的に吐きます。ややホームシックなので優しくされると元気になります。

海外進学した僕が、日本で休学をして具体的に何をやってるかまとめてみたよ!

f:id:ikeruwyoo:20190105122953j:plain

明けましておめでとうございます!日本は毎日快晴が続いて気持ちのいい日和が続いていますね

 

みなさん年末年始はどう過ごされましたか?

 

 

僕はまたまた日本に帰ってきて家族と年越しを迎えることができました

 

 

こんなに日本に帰ってきてばかりの僕ですが

この度、最短6月の中旬、長くて9月の初旬まで日本にて休学することに決めました

 

 

この考えに至った理由と、具体的に今やっていることをツラツラ書いていこうと思います

 

みんな年始暇でしょう!?ぜひ見ていって!笑

 

 

 

 

休学するに至った理由

f:id:ikeruwyoo:20190105124836j:plain

 

僕が休学の選択肢を考え始めたのは2018年の6月ごろですが、実際に休学を決めたのは9月です。

 

 

そしてこの決断を下した大きな理由はお金の問題です

 

 

みなさんは、

 

アメリカの大学は入学は簡単だけど、卒業するのは難しい”

 

という言葉を聞いたことはないでしょうか?これは正しいといえば正しいのですが、この言い方だと真実が歪んでしまっているので、もう少し詳しく説明すると

 

 

授業料がアホみたいに高いために、金銭面的に卒業することができないだとか

 

 

 

編入するため、大学を卒業するわけではなかったり

 

 

そもそも卒業するつもりで大学に行っていない人(社会人や移民でついてきた奥さんが夫が働いている間暇なので英語を学ぶために学校に通っている)がいたりとか

 

 

 

いろんな理由があって卒業率が低いことが理由になっています

 

 

 

 

僕の理由もこのうちの一つなのですが、最初は大学のランクを下げて多少なりとも学費の安いアメリカの大学に通おうと思っていました。

 

 

 

実際それを目的としたカリキュラムを組んで、授業を取って行ったのですが

 

 

 

どうもこの大学でさえも金銭面的に厳しいらしい

 

 

そんな現状があったため、ヨーロッパや東南アジアの他の国に編入を考えているときにある友達に出会いました。

 

 

彼は僕にバイナリーオプションを紹介してくれた人で、学費を全部自分で補って通ってやるって人でした

 

 

そこからは、バイナリーオプションと言う投機がいかに夢のあるもので、これがそのまま休学をすることの決め手になったのです 

 

 

ところでそもそも、バイナリーオプションと言うものについて聞いたこともない人がいると思いますので、かるーく説明させてください!

 

 

簡単にFXとは何か

f:id:ikeruwyoo:20190105124858j:plain

 

みなさんFXってのはご存知でしょうか?これはいわゆる為替投資と呼ばれるもので、例えば

 

$1 = ¥100の時に円を買い、$1 = ¥110の時に売るという作業をすると、

110 - 100 = 10円の利益になる。

 

と言うものです、ここにレバレッジというものをかけることで、自分が持っているお金の数倍から数百倍(海外の証券会社に限る)のお金を使って投機することができます

 

 

ここで問題になるのが、例えでは儲かる部分しか見ていないけど、もし

$1 = ¥90円になって損切りをしたとすると、10円の損になる。

わけです。

 

巷で人生が詰むくらいの借金を抱えてる人。ネットで見かけることありませんか?  

 

 

FXの怖いところというのは、自分が欠けた以上のお金が負債に変わる可能性があるということです。ここがレバレッジの怖いところでもあり、資金の少ない学生が手をつけたりすると、痛い目を見る理由でもあるのです。

 

 

バイナリーオプションとは?

f:id:ikeruwyoo:20190105125001j:plain

 

さて、そしたら僕が実際にやっているバイナリーオプションについて見ていきましょう。この投機方法を説明すると、

 

 

約10 ~ 15分後の為替の方向を、今現在の値と比較して上か下かを予測する。その予測が当たっていた場合、投機した資金が1.88倍になって返ってきて、外れた場合には消えて無くなる。

 

 

というものになっています。読んで名前の通りですね。Binaryは二つの、Optionは選択という意味なので、二択だよ〜って雰囲気が伝わればいいと思います。

 

 

FXとバイナリーの違いをもう少し具体的にまとめると、

 

FXは投機したお金が、為替の差の分だけ儲けになったり損したりするのに対して

バイナリーは投機したお金が、1.88倍になるか 0倍か

 

 

です。笑

 

 

このことから、例えば10万円でバイナリーオプションを始めた場合、最大の損失は最初に持っていた10万円ということになりますね。

 

 

僕がバイナリーを選んだ理由

f:id:ikeruwyoo:20190105124937j:plain

 

そして僕がFXではなくバイナリーに目をつけた理由は、投機する資金が1.88倍になるか0になるかということで、具体的な目標が設定しやすいということです。

 

 

バイナリーに関しては、はっきりとした勝率が勝ちか負けかで出るので、例えば勝率が58%の場合

 

 

基本的に資金管理は持っている資金の約5% ~ 10%が目安と言われているので、

¥100,000の場合は荒くいくと10%の1Bet ¥10,000。一日に12回のエントリーがあるとすると、勝率が58%なので12回中

 

12 x 0.58 = 6.96

 

回の勝ち数がある(ここでは7回とします。)なので、勝つ金額としては

 

(10,000 x 1.88) x 7

 

1週間のBet額を固定とした時、月曜日から金曜日までの5日間あるので

 

(10,000 x 1.88) x 7 x 5 = 658,000

 

実際にBetした金額は1週間で(12 x 5)のエントリー回数があるとして。10,000 x 60 = 600,000なので

 

658,000 - 600,000 = 58,000

 

純益となります。単純に1週間で¥100,000→¥158,000の158%と計算できるわけです。このまま次の週のBet額も10%と続いていくとして、3ヶ月間のお金の増え方を見ていくと

 

 

1週間で資金が1.58倍に増えることから、12週間では

 

1.58 ^ 12 = 242倍

 

つまり¥100,000 → ¥24,200,000

 

と、こんなアホみたいな額になるわけです。到底信じられませんよね。笑

 

 

 

当然です。なぜなら1Betが資金の10%だとすると、資金が1000万ある時の1Bet額は100万円。ケチな僕にとっては100万円が1.88倍になる期待値よりも、0になる恐怖が大きいことから、まともな判断が1日に12回も下せるわけがないというわけです。

 

 

しかも一度にエントリーできる額は20万円ずつなので、しっかりpips取れるところで連打しないといけない。とか

 

 

そしてこの勝率というのはあくまでも勝率。基本的には5年から10年の過去の相場を分析して出した勝率なので、ある年や月で負けることは多々あるのです。

 

 

また、一つの口座に対する儲け額がaround 1000万で口座凍結されるので、新しい口座を作らなくてはいけないのです。

 

 

 

などなど、バイナリーが甘くない理由はたくさんありますが、論理的に一つずつ潰していけば、不可能な話ではないのです。

 

 

というわけで、初めて半年間で結果が出る見込みは薄いのですが、そうだとしても、残りの2年制の大学を卒業するくらいは稼げるのではないかと思って、バイナリーの勉強を始めました。

 

 

そこで!ついにです笑

今現在の僕が具体的にやっていることの3つを紹介していこうと思います。笑

 

 

具体的にやっていること3つ

 

裁量の勉強

 

これは単純に、バイナリーで勝てるポジションの、言葉や数字にできない部分をいかに感覚として自分の中に落とし込んでいくか、という作業になります。

 

 

僕が実際にしていることは、実際に結果を残している人の動画を見たり、FXトレーダーの投資家心理というものを勉強して、実際目に見ているチャートがどういった理由で動いているのかを考えたりしています。

 

 

また、実績出している人のエントリーポイントを分析したり、自分が勝ったところや負けたところの理由を徹底的に分析して自分でフィードバックをあげる、という作業もしています。

 

 

世界一稼いでいる人の勝率は裁量で大体90%を超えていると言われていますが、僕は66%を目指しています。これでもかなり高いんですけどね笑

 

 

 

巷に出回っている”勝率80%!!!”みたいなものは本当に信頼しないです。世の中に損をしている人が9割いるのがこの投資の世界なので、自分が分析した数字と、自分の投資勘を磨いていくのが、遠回りだけど確実に進んで行く道だと思います。

 

 

一日の中で40%くらいの時間をここの勉強に費やします

 

バックテストの勉強

 

次にバックテストというものを説明していこうと思います

 

 

まずバックテストというのは、エントリーの理由をいかに言葉で説明できるかを研究していく勉強になります。

 

 

例えで出す一番簡単な例としては、

 

RSI(14)の30.70ラインにタッチした2本次足の終値が、5分足ベースで、反応した足の終値よりも〜だったら勝ち

 

 

というように、実際にコンピュータが理解できるレベルにまで言語化していきます。実際に使用する言語はMQLというプログラミング言語で、基本的にはC言語と似ているところがあるため、少しでもかじったことがある人はいかに細かく指示をしていかなきゃいけないかということがよくわかるかと思います。

 

 

このバックテストの世界には曖昧なものが全て排除されているため、最終的には機械的なエントリーができるようになることを目標としています。

 

 

ところでバイナリーの、エントリーした額が1.88倍になる。というところに疑問を持つ人もいたのではないのでしょうか?

 

 

このペイアウト率が1.88ということは、実際に勝率が53%ちょいなきゃ、最終的に利益を出すことができないのです。

 

 

なので、この勝率を超えるようなノウハウを、いかに言葉に落とし込んでコードを書けるか、という勉強をしています(ちなみに、例えで出したもののノウハウは5分足ベースで過去5年間大体54%の勝率があります)

 

 

後々に1Bet額が数十万単位になっていくことから、ただなんとなくトレードしていたのでは、とてもじゃないけど精神が持ちません

 

 

そして、そもそも言葉にできないトレードは全てギャンブルと一緒だと思います。だって数値にならないけど、なんとなくここでエントリーしたら1.88倍になる気がする。ってやばいでしょう!

 

 

この投資を賭け事だとは全く思っていなくて、しっかりと数値化された統計に基づいて投機するからこそ、本気で勉強する価値があると思ってます

 

 

ってなわけで、自分のトレードをどれだけ言葉で説明できるかという勉強に一日の50%を費やしています。

 

英語

 

最後に英語の勉強です。まぁ、当たり前ですけどね。笑

 

そもそもお金を稼ぎたい理由が、アメリカの大学に通い切ることなので、ここで投資の世界にどっぷりはまって、英語が使えなくなることが本末転倒になるのです笑

 

 

一日1~2時間だけど、TOEFLの勉強をしたり、英語聞いたり、彼女と連絡とったりして一年半で培った英語力を落とさないようにしています

 

 

最近では、最終的には博士号まで取りたいと考えているので、あと7年分ですね。あと7年分の学費、生活費を自分で稼ぎながら通えたら

 

 

それはそれは楽しい良い留学になるのではないかと思います笑

 

 

計算すればわかるけど、一日の10%を英語の勉強に使います

 

 

 

 

将来の選択肢について

 

f:id:ikeruwyoo:20190105125050j:plain


  

と。こんな感じです!何と無くイメージ掴めたでしょうか?

 

他にもいろんな選択があります。マジで笑

 

 

 

少し視野を広げてみるだけで、まじでいろんんんんんんな選択肢があります。

 

 

  • 奨学金をもらったり
  • アメリカでバイトしながら倍の時間をかけて大学生活を送ったり
  • 留学する州や国を変えたり
  • もはや大学なんかやめて日本で働いたり
  • フリーランスになったり
  • バイトして旅したり

 

 

本当になんでもできる時代だと思います。真の意味で世界のグローバル化ってこーゆーことなんじゃないかなって最近は思います

 

 

世界中の人たちが、なんでもできる選択肢を持っていて、そこにいかに早く気づいて行動を起こすことができるかが大事なんだと思います。

 

 

そんな中で僕が半年間の休学を選んだのは、消去法にはなるのですが

 

奨学金は努力量が割に合わない。アメリカの奨学金カリフォルニア州の留学生に本当に厳しくて、日本の奨学金は返済の義務があるので、大学生終わった瞬間に借金を抱えてスタートするのはディスアドバンテージすぎる(一年間で400万かかります。4年生の大学に編入したら700万かかります。)たとえ仮に500万の奨学金がもらえたとしても、奨学金を取り続けなやいけないことに変わりはないからね

 

バイトはビザの関係上違法なので、見つかった瞬間強制帰国。そんなリスク背負うわけがわからないし、勉強しにアメリカに来たのに、バイトを続けたくない。

 

カリフォルニア州を選んだのはコンピュータサイエンスを専攻するから。他の州に行ったとしても、学費は基本的に500万円を切らないし、インターンしながら大学に通えるカリフォルニアの企業力は魅力的すぎるので、この場所には固執したい。

 

将来研究する内容を、そのまま仕事にしたいと思っているし、研究者のコミュニティに属して人生を送ってみたいので、学歴は欲しい。見栄ってのもあるけど、結局人生は誰と過ごして何をするか、にこだわることになると思うから、勉強が好きな研究者の人たちと仕事をするのは楽しそうだなーって憧れがあること。

 

フリーランスは今日本に溢れかえり始めているよね。笑 自分で独立して仕事をもらうってのはすごくカッコいいことだと思うけど、別に人のために働きたいとは今は思っていなくて。それよりも、誰も知らないようなワクワクする研究をしてドヤ顔していたいなって思うので、コツを掴めば成功がつかめるような、フリーランスは、今はナシ。

 

するのも魅力的だけど、20代は二度目の脳みその成長期と言われているので、その時間を勉強せずに、自分探しの旅に出たりするのは嫌かなーって思う。やる気も体力もあるこの時期に、目的もなくいろんな国を旅するのは楽しいだろうけど、今じゃなくてもできるよなって思う。

 

 

ってな感じで、いろんな選択肢に理由をつけて、今しっかり経済的に自立するのが賢いのではないかと思って決断しました。

 

 

 

この半年の休学が失敗したからといって、自分の人生が終わるわけじゃないし、莫大な借金を抱えることはないし、そしたら今度はまた新しい道を探していろんなことに挑戦していけばいいだけなので、

 

 

全然楽しいです!笑

 

 

もし。ここまで読んでくれた人は本当にありがとうございます!

 

 

今自分が何をしたらいいかわからない人、将来が不安な人。なんでも聞きたいことや喋りたいことがあったらぜひお話ししましょう!僕はまだまだまだまだですが、

 

 

自分のことに関してはかなり考えてるから、なんだろう。なんでも相談してください!笑

ツイッターアカウントはこちらから

twitter.com

 

 

2018を少しだけちょっとだけ振り返る

こんにちは!早いもので2018ももう終わりですね!

 

この1年はみなさんにとってどんな年でしたか?なんとなく最近の僕のブログって反省ばっかりしているから、反省は少しにして終わりたいと思います

 

 

僕のこの一年は自分の目に見えない部分がものすごく成長した年でした

 

 

主に自分で考える力がついたと思います

 

 

この考える力が大きく養われたことで、いろんなことに気がつけるようになりました。

 

 

この一年で気がつけるようになったことを例に挙げてみると

  • 学費は自分で稼いでもよき
  • アメリカ以外にも大学編入の道はある
  • アメリカでインターンしながら授業料稼いで英語力養って、働いてから日本に帰ることもできる
  • 人のせいにするとはどういうことかということ
  • 並びに、自立することの大切さ
  • 社会に出なくても全然自立するチャンスはあるということ
  • 自分の将来の夢やアメリカにいる意味

などなど、自分一人じゃ気付けなかったことや、日本の大学に行っていては気がつけないこと、実にいろんなことに気がつくことができるようになりました。

 

 

こんな2018を一言で言い表すとすると、

 

気づきの年

 

と言えるのではないのでしょうか

 

 

 

来年2019は

 

自立の年

 

にしたいと思います!

 

気持ち的にはもうすでに、自立している方だとは思うのですが、2019年で特に意識したいのは経済的自立です。

 

過去の記事でも言っているように、経済的自立に対する思いを約半年前からメラメラ燃やしてきました

 

ikeruwyoo.hatenablog.jp

 

行動するための準備はアメリカでしっかりしてきたつもりなので、休学期間の半年間でしっかりと実ることができるように

 

コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ 頑張ろうと思います。

 

やることの具体的な内容は、自分の振り返り用も含めてもう1度しっかり記事にしようと思います。

 

 

 

そんなこんなで今年も残り30分ですね!

みなさんどうか良いお年を!

いぇい

f:id:ikeruwyoo:20181231233621j:image

人が真剣に考えていることは少なからず影響力があるということ

もう2018も終わりが近いですね!受験生は勉強していますか??僕は今大学のFinalが迫っていて、受験生のような勉強時間の日々を送っています。

 

f:id:ikeruwyoo:20181203102316j:image

これが終わるのもあと2週間だと思って頑張ります・・・

 

 

 

さて今日はまた訳のわからんことを書いていきたいと思います。

 

前回の記事は確か10代最後の〜みたいなやつで

 

いま読み返して見ても、わりかしorganizedされていていい記事じゃないか

 

って思います笑

 

 

 

別にそんなことはどうでも良くて、今日書きたいことは、人の思考ってのはいろんな形で伝播するのではないか?ということです。それも、人が真剣に悩んだり考え続けたりした、むき出しの思考が。特に。

 

 

 

僕の友達の中の一人に、僕を生まれて初めて海外に連れて行ってくれた子がいるのですが

 

 

今日勉強してる時、ふとその人のことを思い出して、その子のブログをつらつら読んでいました。

 

 

僕の中でのこの人のイメージは、どこかつかみどころのない人だけど、芯はしっかりしてエネルギーに満ち溢れているような人です

 

その子のブログは彼女の考えがゴリゴリ書いてあるような場所なのですが、ここに書かれている思考にあてられて、僕自身もいろんなことを考えました。

 

 

自分が抱えている悩みや考えを、むき出しに書いて配信することって本当に勇気がいたりして難しいことなんですが

 

そんなこと関係ねーって感じでバサバサ書かれている文章を読んでいて、こっちは勝手に爽快な気持ちになりました。

 

 

そこで気がついたのは、

 

他人の受け売りじゃない、その人が本当に考えていることって

 

内容がどんなものであれ、他人に考えさせる力があるんじゃないかなー

 

ってふと思ったことです。

 

 

それで僕は高校二年生でこのブログを始めた時のことを思い出して

授業中や休み時間、使える時間の全てをブログに費やしていた時は、自分で考える力がどんどん伸びている気がして、それがまた気持ちよくて

 

いろんなことを考えて、言葉にしようって頑張っていた時もあったなーって

 

 

今日はなんとなく感傷に浸るような一日でした。

 

 

ようするに、自分の考えることとか思ったことを、人の目を気にせずに殴りかけるこの環境っていいなって(. _ .)

 

 

 

ブログ再開します!詐欺はしたくないから変なことは言わないけど、こーやってたまにふらっと帰ってきたりしたいです。これからも

 

 

 

あと、人の目を気にせずになんて書いたけど、心の中の別のサイドでは、自分が何を考えて生きているのかってのを知ってほしい自分もいて。気持ち悪いです笑

 

 

 

 

年末年始から日本にいるけど、遊びに帰っている訳じゃないので遊びに誘わないでください笑 誘われても切ない思いするのはあなたですよ😏

 

心も体もびっくりするくらい元気だから全然心配は要らないです。ただ一人でヤリたいことがあるだけです・・・。

 

別にやましいことじゃなくて、そーゆー期間なだけです!お前いま何考えて生きてんねん!とかの疑問は結構嬉しいから連絡くれたら喜びます!

 

 

そんじゃまた!

 

10代最後の節目の日を迎えて

こんにちは豪です!

 

今までこのブログではいけるぅよという名前で活動してきましたが、すでにTwitterの方では実名でツイートしているし、読者さんも僕のことを知っている人がメインなので

 

自分でもどうしたらいいかよくわかっていません笑

 

 

来年からは新しいブログを立ち上げるつもりなので、今日書く記事がこのブログでの実質最後の記事になるかと思われます。

 

 

 

今日ぼくが書きたいと思っていることは、タイトルを見てもらうとわかると思うのですが、明日9/10が僕の20歳の誕生日ということで

 

いわゆる10代から20代に突入するということで

 

 

今までを振り返るとともに、今後のことや今僕が考えていることをタラタラ書き連ねていこうと思います。

 

(人生に迷走していて共感を得たい人か、僕がどんな人なのか多少知っている人くらいにしか需要のない記事になってます!)

 

 

 

まず何から書いていこうかな...

 

19歳の反省からして行きたいと思います!

 

あ、一応目次つけておきますね。これからこんな感じのことを言葉にしていきます

 

  1. 19歳の反省
  2. 今考えていることと、何をしているのか
  3. 20歳の目標
  4. 自分の人生について
  5. 好きな食べ物と人

 

 

僕のこと興味ない人からしたらすこぶるつまらない話だと思うけど、最後の5番くらいは息抜きに見て見てね!

 

そしたら改めまして

 

  1.    19歳の反省

f:id:ikeruwyoo:20180909121834j:plain

 

反省。します。笑

 

時期が微妙なので多少大雑把に、高校卒業してから今までの反省としたいと思います。

 

僕の高校受験は見事なまでに壊滅的で、自分の人生を白紙の状態で考える時間が生まれました。

 

当時は漠然と高学歴が欲しいなぁーとしか思っていなかったので。

 

 

 

僕は個人的に、ほかの人が海外留学する理由(言い訳に近いようなもの)を聞いたりすることが嫌いなのですが

 

 

僕に関していえば、勢いでなんとかなったというのが今の感想です。今まで行動してきたことの理由を聞かれても、結果論こうなったというのが一番しっくりきてしまいます。

 

 

もちろん小さい頃から海外への憧れがあったとか、周囲の人と合わせることが嫌なことがあったという理由はあるけど

 

 

なんでアメリカなの?とか、浪人っていう選択肢はなかったの?とか。

 

この手の質問に関して、当時は恥ずかしかったから言い訳を探して語っていただけだけど、正直に話すと、

 

リサーチ力が足りなかった」のと、

 

そこまで深く考えていなかった」。です。

 

 

ただ今、過去の選択を後悔しているかと言われたらそういうわけではなくて

 

 

今よりも明らかに視野の狭かった当時の僕が考えたり調べたりしたところで、僕が今得た知識や経験というのは、アメリカに進学して見なければわからなかったことで

 

 

 

やってみればなんとかなることが思ってるよりも多いこと、を知れたのは大きかったと思います。

 

 

(この先も僕の文章読んでもらえばわかると思うけど、僕自身が今ものすごく迷走しているので、自分でも書きながら修正したり、何言ってるかわからないことがあります。突っ込んでくれると自分の弱みが客観視できるから嬉しいです笑)

 

 

 

そしてこの時期の僕から切っても切り離せないのは、当時の人間関係のことです。

 

詳しくは書きませんが、当時僕には依存しあっているような関係の彼女がいました。

 

行動の基準は基本的に彼女だったと思います。

 

 

 

今となってはお互い違う道を歩み始めて良き思い出になりましたが、当時は当時なりに将来のことをお互いに考えたり、僕の価値観に大きく影響を与えていました。

 

 

彼女が完璧主義だった僕に教えてくれた、学校はサボっても大丈夫(笑)という感覚にはいまでも助けられています。

 

 

高校時代から僕のことを知っている人は特に、もう知っているとは思いますが、関係はもう終わっていてそれぞれ楽しくやっているんだと思います。

 

 

この時期は僕が、人間関係の面で大きく成長できた時期なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

次はのことについて少し書きたいと思います。

 

 

 高校卒業後は、受験期までは勉強と進路のことくらいしか話をしなかった父と、少しずつ色々な話をする機会が増えました。

 

もともと僕の父は寡黙で、父が僕がやっていることに対して口うるさく言ってきたことはなく、自由に育てられてきたのですが

 

 

その口数少ない父から19歳の時に何度も言われていたのは

 

「人のせいにするな」

 

という言葉です。

 

 

当時はこの言葉の本質に気がつかなかったのですが、人生で始めて海外に行ってみたり、親元を離れてみたり、言葉が通じなかったりと

 

壁にぶつかるたびに僕はこの言葉を思い出していました。あれから一年立った今、僕のこの言葉に対する解釈はだいぶ落ち着いてきて、それは言い換えると

 

 

環境のせいにするのはダメ。物事がうまくいかないからって、それがうまくいかない原因を他に探すな。

 

ってことだと思っています。ようは自分で責任を取れるようになってほしいのだと思います(きっと)。思ってるよりも深くて、こんな少しの言葉で全て伝わっているかはわかりませんが

 

 

これは自分の視野を広げる時にも役に立っています。

 

この後にも書きますが、アメリカの大学に通う費用ってのは本当に頭がおかしくて、最後の4年制の大学なんか、1年間で700万円もかかるのです。

 

 

 

僕の家庭は、一般的に恵まれている家庭だとは思いますが、とてもそんな金額がぽんっと出てくるほどではありません。これを僕はずっと他人のせいにしていました。環境のせいにしていました。

 

 

父の言葉の本質に気がついたのはこのことを考えているときで、その瞬間から僕はお金の勉強を始めました。これも詳しくは次の話題の時に書きますが、この瞬間から、自分の人生を他人に依存させて作っていくのはやめようと決めました。

 

 

今は経済的に家族に依存している状態ですが、早く完全に自立したい気持ちでいっぱいです。

 

 

あとはなんだろう、19歳で反省することは。思っていることや考えていることをしっかり言葉にできる能力の重要さに気がつきました。

 

 

 

この時期って本当に微妙な時期で。

社会に出ているから大人だとか。

法律的にはお酒もタバコもダメで子供だとか。

でも年金や保険のこと考えさせられたり。

遠い将来のことを考えさせられたり。

アメリカに行ったらもう大人だけどアルコールは21歳からだったり。

お金の心配をしたり。

学生らしく学業の心配をしたり笑

 

 

 

こんなわけのわからない時期だからこそ、今思っていることとか考えていることをしっかり言葉にして整理することって大事だなって思いました。

 

実際今もこの記事を書きながら、今まであった事を整理したりしてますもん

 

 

 

そんな感じの19歳でした。自分が考える軸が180度変わることがあったり、彼女のことばかり考えていたのがそうでなくなったり。揺れまくった19歳でしたが、20歳ではもっと揺れたいと思ってます笑

 

 

だって揺れた分だけ自分のことについて考えてる証だと思うから!!!

 

 

 

自分の芯を探しつつも、いろんな考え方に出会って揺れていくつもりです。揺れている途中はわけがわからなくて気持ち悪いけどね。

 

 

 

 

あ!あともう一つ。

依存

についても多く考えた年だったと思います。経済的なり人間関係なり。依存だけは避けていきたいなと。別にこれは多く書かなくていいか

 

 

 

 

 

  2.    今自分が何考えているか。何してるか。

f:id:ikeruwyoo:20180909122204p:plain

 

今僕は日本にいます(後1週間だけだけど。)投資をするためにってのと、卒業以来会えていなかった友達たちに会いまくろうと思って帰ってきました。

 

 

すでにあった人は知っているかもしれませんが、僕は今投資の勉強を主にしています。Binary Optionってやつです。聞いたことある人が多いかな?

 

この辺に関しては本当に賛否両論のあるところで、ネット上だけ出なく、紙の書籍にでさえも嘘の情報が多い分野なのですが。

 

 

僕は個人的に信用できる人を一人見つけ出して、この人自身とBinary Optionの性質を研究しています。

 

 

 

どーしよう。ブログの記事がタラタラ長くなるので詳しく書くか迷うけど...

 

書きます!面白くない文章が続くのでだるかったらパラーって2スクロールくらいしてくだセェ。

 

 

事の発端は3ヶ月前に遡ります。英語での授業にも慣れてきて、実際に何言ってるか理解できてみると、学べることが全然ないし、なんなら独学で全然なんとかなるレベルのものが多い。

 

 

そーゆーこともあるのと、今現在 Computer Science っていう専攻を取ってて。簡単に言うと、パソコンを使って役に立つサービスや仕組みを作る勉強をしています。

 

 

作ってみたいサービスがあったんだけど僕はプログラミングの独学で何度か失敗していたから、オンラインのプログラミングスクールに通おうと思ったのがきっかけでした。

 

 

 

高校生の時からプログラミングには興味があったのですが、努力する方向性がわからずに挫折しました。

 

今は情報処理能力も問題解決能力もついてきたし、再びやってみようとしても、ある途中の段階から止まってしまいました。

 

そしたら、一旦作りたいものは諦めて、先人たちが作ったアプリのコピーを作ったりして自分の理想に近いものを作っていこうとしましたが、これもストップ。

 

 

ここまでくると、僕はこの分野に向いていないのかもしれないなんて思ったりもするけど、諦めきれずに

 

 

お金を払って一度、しっかりした人から教えてもらおう!と思いました。ついに笑

 

 

 

そこで生じたのがまたしても費用の問題。これくらいならバイトで稼げるとも思い、ブログの記事を書く外注の案件を何個かやったのですが、コスパが最悪すぎて速攻で萎えました。

 

 

 

そうこうしていたら、来年もアメリカに居続けることができない可能性が浮上してきて(学費など費用の問題で)、アメリカを脱出する計画を練ってみたり

 

 

もう書いてるのが嫌なくらいいろんなことに振り回されて、それを毎回何かのせいにしている自分にも嫌気がさしてきて

 

 

 

そこで今に落ち着きました。年上の韓国の大学に行って居た友達の投資の勉強しないか!という誘いに乗っかり、もうこのまま経済的に完全に自立してやろう。と思って今に至ります。

 

 

要はお金のことで毎日毎日悩みたくないから、お金の勉強をしてこの道のプロと呼べるくらい勉強して経験値をあげてやろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。読んでくれた人ありがとう、ひどい文章でごめんなさい笑

 

 

僕は日本に帰ってきていきなり投資の勉強しているんだ。っているのにはこんな背景があったのです。とにかく自立したい気持ちが大きいです

 

もうほとんどイライラしていました。

浅はかで短絡的だけど、モチベーションとしてはシンプルでいいんじゃないか!

 

 

 

自分の力でどうにかできない部分で不安になるのはわけがわからなくて、ここに関して人のせいにするのはナンセンスだってことはもう知っていたので

 

自分で稼げるようになってしまえばいいんだって思いました。

 

 

 

僕は今こんなことを考えています。妹が受験生で、勉強の心配をしていたり。なんていう細かいところはもっとありますが、僕は自分に依存できるくらいしっかりしようと思って勉強しています

 

 

 

投資って勉強すればするほど、ただただ危険なものっていうだけのイメージは薄れていって。それでいてかつ経済的に自立するチャンスでもあって

 

楽しいです。勉強するの。

 

 

 

じゃあああぁぁぁぁ次っ!

 

 

 

  3.    20歳の目標

f:id:ikeruwyoo:20180909122229j:plain

 

次の1年間は投資の勉強をしながら実際に取引もやって行って、短大2年分の学費を稼ぐことが目標です。

 

 

そしてもう一つは、今年、父が言っていたことで

「自分で尻拭いができるようになれ」

の本質的な意味について考えていこうと思います。

 

 

今は正直投資を頑張ろうっていう思いが強すぎて、これ以外のことにあんまり興味がないです。目的と手段が完全に入れ替わっちゃってるいい例が僕のことだとは思うのですが

 

 

自立した後に見えてくる世界は、また違うのではないかと思ってるし

 

 

やって見ないとわからないけど、中途半端にやって成功できる世界ではないのでしっかりと集中してやっていきたいと思っています。

 

 

 

そうだ!自分の体についても目標があって。

僕身長が176,177cmくらいあるんですけどアメリカに行く前は55kgでいきました。ガリガリです。

 

それが7月の上旬にはMAXで68kg後半まで増量することができました!マッチョになるためです!

 

 

筋トレとカロリー計算を始めたのが2月ごろだったので、実質は半年間で約15kg太ることができました!

 

今は日本仕様で絞って65kgあたりなのですが、20歳は75kgでベストな状態を目指したいと思います。体重がここに行くのはいいのですが、しっかりいい筋肉を作ってお腹を引き締める。ってなると話は変わっていきます。

 

 

 

細かいことは書かないけど、来年はもっと太ってセクシーな体を用意して帰ってきたいと思います笑

 

 

 

 

  4.    自分の人生について

f:id:ikeruwyoo:20180909122335j:plain

 

これは自分の将来を自分で考え始めた中学2年生からずっと考えていることでもあります。自分が何者で、どんなことができるのか。どういう人間になりたいのか。

 

 

なんども言っていますが僕は今絶賛迷走中なので、正直まとまっていない考えを言うのが嫌です。言いたくないです。笑

 

ただ思ってるよりも選択肢ってのは沢山あって。今大学をやめることだって、東南アジアやヨーロッパに編入することもできるし

 

 

結局は自分がなにをしたいかってのが大事なのは痛いほどわかってるんですけどね...

 

 

そんな中でもはっきり言えることは、いろんなことをしてみたいという気持ちは強くあります。1つのことを極めてそれをずっとやっていこうって考え方は僕の中にはなくて、

 

 

変わり続ける世の中で、いろんな世界を見て見たいという気持ちは持っています。職種や夢に関して自分でも何考えてるのかわからないので

 

この場で書くのは控えます。どなたか自分がどっぷりハマっている面白い世界があったらぜひ教えてください。

 

 

最近耳にしたのはe-sportsのことで

小さい頃からぷよぷよをやっていて、結構好きで。

僕の周囲にいる人くらいなら負けない程度にはうまいと思うのですが、プロぷよらーっている称号もかっこいいなんて思ってます笑

 

f:id:ikeruwyoo:20180909122451j:plain

 

割と真面目に...笑

 

 

 

 

  5.    好きな食べ物と人

 

f:id:ikeruwyoo:20180909122504p:plain

 

5つあるタイトルの中ではちょっと異質だとは思いますが、最後は気の抜けた内容にしたいと思います笑

 

 

そもそも僕が堅苦しいのが苦手だし、ゆる〜い感じでも意外としっかりしているというのが自分の中でかっこいいと思っているところがあるから、僕の中のゆるい部分も余すことなく知ってほしいです笑

 

 

僕は結構喰わず嫌いなところがあるのですが、去年くらいからようやくお寿司が食べられるようになりました!笑

 

それまではお寿司屋さんに行っても卵とアナゴしか食べれなくて苦痛だったのですが、今となってはお寿司は好物の中の一つになりました!

 

 

 

後僕割と頭おかしいくらい甘党で、ガムシロップとか普通に飲めるし

 

アメリカの甘すぎるスイーツも美味しく食べれます。あとナッツが好きです。

 

 

そして味覚がまだ結構子供です笑

 

 

ハンバーグとか。大好き

 

なんの話をしてるんだ一体笑

 

 

 

あとは好きな人か!これは男女かかわらず、変な人が好きです。なんだそれ!って思う人が好き!笑

 

3人以上の集団で行動したりするのが結構苦手なんだけど、いろんな人と触れ合うのも好きです。

 

 

その点でいうと、学歴関係なしでいろんな人と友達になった中学時代の友達とか、大切にしたいなーって思います。

 

もちろん高校生になると、だいたい同じくらいのレベルの学力で収まるけど、その中でもみんないろんなこと考えてたりして、楽しいなーって思います。

 

何も考えてない人も好きです笑

 

ずっと長い間大勢でいるのは疲れるけど、結局人と接するのは好きなのかなって思います。

 

 

 

 

だいたいこんな感じでしょうか!

 

長々とここまで読んでくれてありがとうございます。

もしあなたが、少ししか飛ばさずにしっかり読んでくれるような人だったら、相当僕のこと好きですね!ありがとうございますぜひ僕に教えてください!笑

 

 

多少飛ばしたとしても、わざわざリンクから飛んできて読んでくれた人。ありがとうございます。

 

 

 

いろんな人に影響を受けながら、支えられながら今の僕が出来上がっています。これからもぜひよろしくお願いします

 

 

 

 

んじゃまた!

f:id:ikeruwyoo:20180909122746j:plain

 

 

 

カリフォルニアで死にそうになった話

f:id:ikeruwyoo:20180615135841j:plain

こんにちはお久しぶりです!いかがお過ごしですか!東京は梅雨入りしたらしいですが、カリフォルニアは毎日快晴です!!

 

 

 

僕がアメリカの大学に通い始めてから早半年が経とうとしているのですが、今日はいつも通りの授業中に起きた少し不思議なお話をしたいと思います!

 

 

 

 

タイトルを見て明らかにわかると思いますが、特に危険な目にあったこととかでは全然ないんです。ただもしかしたら死んでいたかもしれないと思うと、深いなぁって思ったことを書き残そうと思います!

 

 

 

ことが起こったのは今日の夕方5時ごろのEnglish Writingの授業中です。

 

 

今日はたまたま期末のグループプレゼンテーションの日で、たまたま僕らがプレゼンをしているときに知らんおっさんが教室の前にやってきました

 

教室の様子はこんな感じ(人が上手に書けなくて申し訳ない!笑)

f:id:ikeruwyoo:20180615132521j:plain

 

僕が通っているのは日本でいう短大のようなもので、全ての人に教育を平等に与えるというコンセプトの大学だから、授業中は常に教室のドアが全開なんです!

 

 

これも僕はアメリカらしくて好きだなぁーって思うところがあるから、気が向いたらこのことに関する記事も書こうと思いますが・・・

 

 

話を戻します!

みんなが外見てたから、そっちの方に目を向けるとそこには

 

サングラスをかけてて180cmくらいでブルーのジャケットをきてニヤってしてるおじさんが写真みたいな感じで立っていたんです。

f:id:ikeruwyoo:20180615134553j:plain

(写真は完全にイメージです!本物はブロンドロン毛で異質な感じてニヤってしてました)

 

 

教室の中がなんか変な雰囲気になったときに、先生が


誰か探している人でもいるの?

 

って聞いたらその人は

 

 

 

No

 

 

っとだけ言って立ち去って行きました。

 

 

 

僕は正直周りにいたアジア人と同じように、変な人だったねー怖いねーくらいの感想しか持たなかったのですが、僕の隣にいたエチオピア出身の女の子だけが異様に怯えてて

 

プレゼンが終わった後に話を聞いたら、

 

 

 

 

アメリカはクレイジーな人が銃で襲ってくるニュースをよく見るし

 

 

あの人はいかにも怪しげな人だったし

 

 

シチュエーションも、教室は学校の駐車場のすぐ隣に位置しているから場所としては絶好のところだし

 

 

もしあいつが銃を持っていたら私が一番近くにいたから私が一番最初に殺されていたかと思うと恐ろしい

 

 

ということを言っていました

 

 

 

それを聞いて最初は怯えすぎだろうアメリカは広いんだし不審者くらいいるだろう程度にしか思わなかったのですが

 

 

 

 

よくよく思い返して見ると僕が、事の危険性にただ気がついていないだけなんじゃないかなって思いました。

 

 

津波の例でもあるように、津波の恐ろしさを知らない人は、実際に波が引いて行くのを見ても珍しいなーってくらいにしか思わず、ただ津波とその恐ろしさを知る人だけが顔を真っ青にして、叫びながら逃げて行くという状況を思い出しました。

 

 

 

 

日本は世界から見ても群を抜いて安全な国で、本物の銃なんて僕はまだ実物で見たことがないし

 

 

さっき来たおじさんも、よくいる変なおじさんだろうとしか思わなかったけど、

 

 

 

 

エチオピアからきている子はしっかり危険を認知しているのに気がついて、

 

本当にもしかしたら死んでいたかもしれないと思うと急に恐ろしくなって来ました

 

 

僕が住んでいる町は留学生が多くて比較的安全な場所だと言われていて、チンピラみたいな人もいないし、家のドアも開けっぱで寝ることが多いのですが(アパートで集合住宅だから、ピンポイントで狙われることはないだろうと思って)

 

 

今日のこの体験から、身が引き締まったように感じます。

 

 

 

当然もしあのような状況になっても僕ができることはほぼ何もなくて、

 

 

彼女が言っていたように、銃を持っているだけで私たちはおしまい。何もできずに気がついたら死んでるよ

 

 

な訳ですが、少なくとも僕が持ってる不審者への危機感に対するレーダーはポンコツなんだなーって気がつきました。

 

 

 

 

もしこれからアメリカや、治安が日本ほど良くない国(そもそもあるのだろうか?)に旅行や留学に行く人、不審者ってのは本当に急に出現するし

 

 

僕らが想像できる不審者よりも、命の危機に関わる不審者はいたるところにいるかもしれないよってことを頭に入れておくといいかもしれないです。

 

 

てか入れてなきゃダメです!笑

 

 

 

 

 

まぁ要するに、死にそうになったなんて大層なタイトルの割には、教室におっさんが現れたって経験をしただけなんですが、

 

 

国によって危機感に対する考え方が全然違ったので面白いと思って書き残しました!

 

 

 

来週はついに期末テスト週間です!あと1週間は死んで来ます!

 

 

 

また!

 

 

ミスターインクレディブル2やるって知ってた!?

こんにちは!僕は来週にいわゆる期末テストが控えていて、絶賛巻き巻きで勉強していたのですが、ふと映画の広告を見ていた時にびっくりしたことがあったので記事にします!

 

 

タイトルで早速ネタバレしてますが笑

 

そう、タイトルの通り!

 

 

Mr.incredible 2 の映画化が決まっていたのです!!!知ってましたかこれ!

f:id:ikeruwyoo:20180326030423j:plain

そもそもインクレディブルって知ってますか!?

 

 

 

今ちらって調べて見たところ、2004年に上映されていたピクサーの映画です!僕はたしか幼稚園の頃に、今でも親友の子と見に行った覚えがあります。

 

当時はダッシュというキャラクターに自分を重ね合わせて映画館内や外を走り回っていました笑

 

 

 

それから約14年の時を経て!次回作絶対にあるだろうという伏線をしっかり回収して第二弾がやってきました!

www.youtube.com

 

 

アメリカでは6月の15日。日本では8月の1日に上映開始らしいです!アメリカに住んでるメリットを存分に生かしていきたいと思います笑

 

 

そいじゃまた!

日本人が他の日本人の英語力に(無駄に)厳しいのはなぜだろう

f:id:ikeruwyoo:20180307081450j:plain

こんにちは!今日はタイトルにもある通り、何度か不思議に思っていたことについて考えて生きたいと思います!

 

 

最近世界が盛り上がるような出来事がありましたね!ソーシャルメディアから隔絶された僕の家にもうっすらとこんなニュースが流れてきましたよ!

 

 

羽生ゆずる金メダル!

 

 

羽生くんすごいよね!何がすごいってのは素人の僕には到底説明しきれないけど、すごいのはしっかりわかります!

 

世界トッププレイヤーである彼は当然インタビューを受けるんですが、羽生くんをはじめとする世界のトップアスリートはみんな日本語以外の言葉を話せますよね!テニスの錦織圭選手とか、サッカーの本田圭佑選手とか。

 

 

んで、ある日テキトーにYouTube見ているときにふと羽生ゆずるの英語インタビューの動画を見つけました!

www.youtube.com

 

こちら!2分くらいだから、流しながら聞いたりしてみて!

質問内容をしっかり聞き取ってしっかりと自分の言葉で答えています!ところが少しコメントのところに目を通してみると、マイナスな意見が多小目につくんですよね。

 

 

他にも同じ日本人にだけ評価が厳しいのはよく聞きます。世間が騒いでるほど英語うまくないじゃん。っていうような批判とか。

 

 

確かに!確かに発音はネイティブみたいな発音ではないけれど、十分通じてるじゃないか!何が問題だっていうんだい!

 

と、どうしても批判している人の声が気になってしまいます。(これは多分僕自身が他の日本人から自分の英語力を批判されるのが怖いから笑)

 

 

僕らはだいたい小学生の時くらいから英語の勉強を始めました。中には英語教室に通っていた人も多いのではないでしょうか?こんなに長い間英語を勉強しているのに英語が話せないのはなぜか、という議論は一旦おいといて、

 

 

中学高校の英語の時間に何度か英語を発音しなくてはいけない瞬間がありますよね?そこで英語を流暢に話そうとすればするほど、周囲からはイキっているとか調子に乗っているだとかの(中学の時だけか?)雰囲気が流れました。

 

発音がいい人の真似をしようとして発音することの何が悪いっていうんだい!僕自身も好きな英語の話し方の人を見つけて真似してスピーキングをしたら訳も分からず笑われたことがあります。

 

 

こんな感じで発音について厳しい日本人は、いざ世界で活躍する人たちの英語を聞いた瞬間に、手のひらを返したかのように批判し始めるのです。

 

なんだあの日本人丸出しの発音は

英語そんなにうまくないじゃん

 

みたいな

 

 

 

これは多分嫉妬なんでしょう。自分でこの記事を書いていても、友達に相談をして見ても同じ結論に至りました。

 

 

実際あるんですよ!友達ならいいんですけど、まだよく知らない日本人の前で英語を話すのはなんか少し緊張することが・・・笑

 

 

 

そんな僕らがなぜこんなにも英語の発音を気にしてしまうのか、面白い動画があったので紹介しておきます!

www.youtube.com

 

 

ここには発音を機にする理由は特に書いてなかったけど、面白いなって思ったのは

 

アクセントはその人がどこ出身かっていうアイデンティティーだから、気にするのはナンセンスだということとか、

多くの英語を第二言語として習得している外国人は発音よりも語彙力と文法力に気を使っているとか。

 

 

結構面白いですこの人のYouTube!笑

 

 

話が脱線してきたところで結論にいきます!

他の日本人の批判が気になる人、大丈夫それは嫉妬だよ!

そして自分のアクセントが気になる人、それはアイデンティティーだよ!

 

 

 

実際僕の周囲で必死に英語を勉強している人たちの中に、他人の英語力をばかにする人はひっとりもいなかったから、

 

一部のひねくれている人たちが主張しているだけなんだろうけどね。

 

 

気になるものは気になるいけるぅよでした!